WordPressで広告などのランダム表示をしてくれるプラグイン「Ads by datafeedr.com」

投稿日:2015年11月18日 更新日:

こんばんは、okuzawatsです。

WordPress(ワードプレス)でサイドバーに広告をランダム表示したいと思い、その方法を調べてみました。
その結果、WordPressのプラグイン「Ads by datafeedr.com」を使うのが良さそうでした。
実際にAds by datafeedr.comを使って広告をランダム表示できたので、その使い方を紹介してみます。

WordPress › Ads by datafeedr.com « WordPress Plugins

「Ads by datafeedr.com」の使い方

「Ads by datafeedr.com」は、WordPressの公式ディレクトリに登録されています。
WordPressのダッシュボードから、「プラグイン > 新規追加」とした後、「Ads by datafeedr.com」を検索すれば表示されます。
Ads by datafeedr.comが検索結果に表示されたら、プラグインをインストールして有効化します。

Ads by datafeedr.com

Ads by datafeedr.comを有効化すると、ダッシュボードに「Ads」というメニューが追加されます。
ここからさらに「Add new Ad」として、ランダム表示させたい広告のコードを登録します。

Ads by datafeedr.com

WordPressの投稿画面に似た入力フォームが表示されます。
この入力フォームにコードを入力して、ランダム表示させたいコードを順番に登録していきます。
広告だけじゃなく、好きなテキストやHTMLなども登録してランダム表示させることができます。

Ads by datafeedr.com

ランダム表示させたいコードの登録が終わったら、WordPressのダッシュボードに戻ります。
設定 > Ads」と進んでAds by datafeedr.comの表示設定を行います。

Ads by datafeedr.com

「Enable shortcodes in Text Widgets」にチェックを入れると、テキストウィジェットにショートコードを貼り付けるだけで登録した広告が表示されるようになります。
ここにチェックを入れ、「変更を保存」します。

Ads by datafeedr.com

What type of code do you need? と聞かれるので、Shortcodeを選択します。
選択すると画面にショートコードが表示されるので、このショートコードをコピーしてランダム表示させたい場所に貼付けます。

この時、広告のグループや表示個数、並び順などを設定できるので、設定を行ってからショートコードをコピーするようにします。
設定を変更すると、ショートコードの内容が変更されるためです。
例えば、一度に表示する広告を1個にしたい場合、「Number of Ads」に半角数字で「1」と入力します。

Ads by datafeedr.com

サイドバーにテキストウィジェットを配置して、ウィジェット内にAds by datafeedr.comのショートコードを貼付けました。
これで登録した広告がランダム表示されるようになります。

Ads by datafeedr.comは、広告をランダム表示するだけでなく、インプレッションをカウントしたり、設定したインプレッションに達したら表示をやめる設定ができたり、なかなか高性能です。

Ads by datafeedr.comを使って、WordPressに広告をランダム表示させることができました。
あとは広告の売上が上がれば完璧ですね...!

茨城県つくば市在住のAndroidアプリエンジニアです。Androidアプリ開発に関して何かあれば、メールフォームからお問い合わせください。できる範囲でお答えします。

メールフォーム

-WordPress

Copyright© Androidアプリ開発@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.