Android Studio 3.0 Canary 8でKotlinを使う

投稿日:

Android Studio 3.0 Canary 8を使ってKotlinを使ってみます。

まずはプレビュー版のAndroid Studioを入手。既存のAndroid Studioと共存させることが可能です。安心してダウンロードしましょう。

Android Studio Canary 3

Android Studio プレビューを入手する | Android Studio

「android-studio-ide-171.4195411-mac.zip」というような感じの名前でzipファイルのダウンロードが始まります。ダウンロードが終わったら、zipファイルを解凍しましょう。解凍すると「Android Studio 3.0 Preview」というアプリケーションファイルができるので、アプリケーションディレクトリに入れます。

Android Studio Canary 3

「Android Studio 3.0 Preview」を起動すると、以前のバージョンのAndroid Studioからセッティングを引き継ぐかどうかを聞かれるので、「Previous Version」にチェックを入れて設定を引き継ぎましょう。

Android Studio Canary 3

「保存されているパスワードを変換するためにマスターパスワードが必要」というような感じのことを言われるので、Android Studioのマスターパスワードを入力します。

Android Studio Canaly 3

Android Studio Version 3 Canary 8が起動しました。早速、Kotlinのプロジェクトを作っていきましょう。まずは「Start a new Android Studio project」を選択して、プロジェクトを作成します。

Android Studio Canary 3

次の画面に「Include Kotlin support」というチェックマークがあるので、こちらをチェックして、あとは普通にプロジェクトを作っていきます。

Android Studio Canary 3

MainActivityがKotlinで作られています。ただ、「Gradle project sync failed. Basic functionality (e.g. editing, debugging) will not work properly.」というエラーが出ていますが、必要なものをダウンロードしてあげたら直りました。

Android Studio Canary 3

これでKotlinを使えるようになりました。

茨城県つくば市在住のAndroidアプリエンジニアです。Androidアプリ開発に関して何かあれば、メールフォームからお問い合わせください。できる範囲でお答えします。

メールフォーム

-Android

Copyright© Androidアプリ開発@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.