Arduinoに新規ライブラリを追加する

本棚

ArduinoのIDEに新規ライブラリをインストールして、スケッチ内で使えるようにする方法を書いていきます。

Arduinoのライブラリの中身

はじめに、インストールしたいライブラリの中身を確認しましょう。

Arduinoでは、C++で書かれたモジュールをライブラリとしてインポートすることができます。ライブラリは、一般的に以下の4つの要素から構成されます。

  1. ライブラリの中身を格納するフォルダ
  2. C++のヘッダファイル(.h)
  3. C++のソースファイル(.cpp)
  4. キーワードファイル(keywords.txt)

2と3のファイル名は、一般的には同一のものとなっています。一方、1と2及び3は同一の名前でなくても問題ありません。キーワードファイルは無くても大丈夫です。キーワードファイルを作成すると、ArduinoのIDE上で設定したキーワードの色を変更することが可能です。

ヘッダファイル(.h)及びソースファイル(.cpp)とふたつのファイルがあるのはC++という言語における慣習で、通常、ヘッダファイルにクラスの宣言、ソースファイルにクラスの実装がまとめられています。

2〜4のファイルは、1のフォルダ内部に保存しておきます。

ライブラリの追加

ライブラリの中身を確認したら、Arduinoにライブラリをインストールしていきます。

ライブラリの追加

はじめに、メニューバーから「スケッチ > ライブラリを使用 > Add Library…」と選択します。これでArduinoへ新たなライブラリを追加することができます。

ライブラリフォルダの選択

次に、追加したいライブラリを選択します。選択するのは、Arduinoのライブラリの中身において確認した1のフォルダです。中身が正しければ、zipファイルのままで解凍せずにインストールすることも可能です。

追加されたライブラリ

ライブラリを追加したら、「スケッチ > ライブラリを使用」と選択し、表示されるメニューの下部にインストールしたライブラリが追加されていることを確認します。インストールしたライブラリをスケッチの内部で使うためには、この追加されたライブラリの名前をクリックします。

ライブラリのインポート文

ライブラリが正しくインストールされていれば、スケッチに#include〜から始まる行が追加されます。これは複数行にわたることもあります。このinclude文は、ライブラリのヘッダファイルをスケッチ内にインポートするものです。

これでライブラリの機能をスケッチ内で使用することができるようになりました。

Arduinoからライブラリをアンインストールする方法

最後に、不要になったライブラリをArduinoから削除する方法を説明します。

ライブラリのインストール後、Arduinoの保存用フォルダ内にlibrariesというフォルダが作成されています。このフォルダ内に、インストールしたライブラリのフォルダが作成されていますので、このフォルダを削除すればライブラリをアンインストールすることができます。

Arduinoからライブラリを削除

librariesフォルダを全て削除してしまうと必要なライブラリも無くなってしまいますので、対象のライブラリのフォルダのみを削除します。

このArduinoの保存用フォルダは、Arduinoの環境設定から確認することができます。Macであれば、Arduino > 環境設定とクリックし、「スケッチブックの保存場所」と書いてある欄にパスが記載されています。

ライブラリのフォルダを削除したら、Arduinoを再度起動することで、アンインストールが反映されます。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。