Autodesk Fusion 360を無料で使う方法

Autodesk社製の3D CADソフト「Autodesk Fusion 360」は、学生やホビースト、100,000ドル(約1,200万円)以下のビジネスであれば無償版を使えるらしいです。早速、Fusion 360を無料で使う方法を試してみます。

3D CAD/CAM Software for Product Design | Fusion 360

Fusion 360とは

Fusion360とは、Autodesk社が提供しているクラウドベースの高機能3DCADソフトのひとつです。
通常、3DCADソフトというのは数十万~数百万円の価格がつけられているものですが、Fusion360は月額数千円で運用することができます。
ただし、非営利・趣味用途であれば無料で使いつづけることができます。
そのため、3Dモデラーやクリエイターたちの間で広まりつつあります。

出典:Fusion360ってなに? : Fusion360 日本語解説

なお、Fusion 360の使い方については既に我が同志・いそぷろ氏がFusion 360の解説サイトを作っていますので、こちらを参考にしていただければと思います。

Fusion360 日本語解説

Fusion 360を無料で使う方法

Fusion 360をダウンロードして、無償版をアクティベーションします。

まずはFusion 360の無償版をダウンロードできるサイトにアクセスします。

Fusion 360 | 無償 体験版 | 価格 | オートデスク

とりあえずFusion 360の体験版をダウンロード・インストールします。体験版のFusion 360を起動した後、無償版のライセンスをアクティベートしていきます。

fusion-360

画像の赤で囲んだ「今すぐダウンロード」をクリックして、インストーラをダウンロードします。

fusion-360

ダウンロードしたインストーラを立ち上げると、Macの場合にはこんな感じの画面が出てきます。「Double Click to Install.app(意味:Install.appをダブルクリックしてね!)」と言ってきますので、アイコンをダブルクリックしてあげます。

fusion-360

すると、Fusion 360のインストールが始まります。少し時間がかかりますので、コーヒーでも飲みながら待ちます。

fusion-360

インストール終了後、Fusion 360を起動すると、こんな感じの画面が出てきます。無償版のライセンスを入手するために、「利用期間は残り〜」のところをクリックします。

fusion-360

以下の内容のオプションが表示されます。学生であれば上、そうでなければ下を選択して進みます。

学生または教育機関としてサインアップ(無償)

Fusion 360を無償で3年間ご利用いただけます。また、必要な期間に応じて更新できます。

スタートアップまたは愛好家としてサインアップ(無償)

非営利団体または事業の売上高が10万ドル未満の場合、Fusion 360を無償で1年間ご利用いただけます。また、必要な期間に応じて更新できます。

国の選択、使用条件に同意をして、送信ボタンをクリックします。

fusion-360

これで無償版のアクティベーションは完了です。ライセンスが切れても、また更新できるとのこと。

これで、Autodeskの3D CADソフト「Fusion 360」を無料で使う準備ができました。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。