WordPressのバックアップをDropBoxに定期的に保存する

WordPressのバックアップをクラウド環境に置いておきたかったので、定期的にWordPressのバックアップをDropBoxに保存する方法を試してみました。この方法がベストかどうかは要検討ですが、とりあえず実験的にやってみます(真似する時は自己責任でどうぞ)。

今回は、「BackWPup」というWordPressのプラグインを使います。

WordPress › BackWPup Free – WordPress Backup Plugin « WordPress Plugins

BackWPupの設定

プラグインのインストール画面からBackWPupをインストールしたら、アクティベートしておきます。すると、WordPressのダッシュボードにBackWPupのメニューが出てくるので、ここから新規ジョブを追加していきます。

BackWPupの使い方

ジョブの内容は、こんな感じで設定していきます。

  1. 「このジョブの名前」は適当に「データベースをDropBoxにバックアップ」とかにしておく(何でも良い)。
  2. 「このジョブは…」というところは「データベースのバックアップ」だけチェックしておく。ファイルのバックアップすると容量がキツくなりそうなので。他はお好みでいいと思います。
  3. 「バックアップファイルの保存方法」はDropBoxにバックアップを選択する。SugarSyncも対応しているけど、わたくしはDropBoxしか使っていないので。
  4. 「DropBox」のタブが出てくるので、そこでDropBoxの認証を行う。認証するとPINが発行されるので、それをコピー&ペーストして変更を保存する。
  5. 「スケジュール」タブに移動して、「ジョブの開始方法」を「WordPressのcron」にする。これで定期的にバックアップが走るようになる。あとはスケジューラで適当に毎週とかに設定する。
  6. BackWPupのジョブから、設定したジョブを「今すぐ実行」するとバックアップが走るので、試しにバックアップを走らせてみる。
BackWPupの使い方

とりあえず、手動で一回、cronで一回、バックアップをとってみました。DropBoxの「アプリ > DropBox」フォルダの中に、ジョブごとにフォルダが作成され、その中にバックアップが保存されます。うまく動いているようなので、データベースのバックアップについては安心できるようになりました。

以上、BackWPupを使ってクラウド環境にWordPressのデータベースをバックアップする方法です。

注:データベースのファイルサイズが1回目のバックアップと2回目のバックアップの間で小さくなっているのは、1回目と2回目のバックアップの間にデータベースの最適化作業を行ったためだと思います。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。