500円のArduino互換機「びんぼうでいいの」を組み立てたよ〜!

aitendoのArduino互換機「びんぼうでいいの」を組み立ててみたので、作業内容を記録しておきます。

びんぼうでいいのは、500円で購入できるArduino互換機キットです。部品パックも250円で売っています。

びんぼうでいいの – aitendo

部品パック for びんぼうでいいの – aitendo

こちらが「びんぼうでいいの」です。500円の値札がついています。

びんぼうでいいの

これらの他に、水晶発振子とブートローダ書き込み済みのAVRマイコンが必要です。わたくしは自力でブートローダを書き込んだATmega328Pがあったので、これを使いました。

Arduino Unoを使ってATmega328Pにブートローダを書き込む

「びんぼうでいいの」組み立て

びんぼうでいいのを組み立てていきます。こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

「びんぼうでいいの」を組み立ててみた。 | curious4dev

単に集めた部品(びんぼうでいいの部品パック、水晶発振子、ATmega328P)をハンダ付けするだけなのであまり書くこともないですが、注意点を書いておきます。

びんぼうでいいの

ICソケットは、切り欠きのある部分を基盤の切り欠き模様に合わせます。合わせなくてもなんとかなりますが、ICの向きを誤るといけないので、一応。

びんぼうでいいの

12MHzの水晶発振子は、基盤の”Y1″に取り付けます。

びんぼうでいいの

16MHzの水晶発振子は”Y2″です。

びんぼうでいいの

ピンソケットは、1カ所に2個つくようになってます。Arduino Unoの2倍です。びんぼうでいいの部品セットには1個分しかついてなかったので、今回は1個分だけつけました。自前のピンソケットを付けても良かったんですが、特に用途が思いつかなかったので…。

びんぼうでいいの

ICSP用のピンも部品セットについてなかったので、こちらは自前のピンを付けました。個人的には、ICSPって使ったことが無いです。

びんぼうでいいの

びんぼうでいいの、完成です!Arduino Unoよりチープ感がある気もしますが、これはこれでカッコいいです。あとは動作の確認です。

「びんぼうでいいの」にMacからスケッチを書き込む

組み立てた「びんぼうでいいの」にスケッチを書き込んで行きます。ドライバを新たに入れなければダメっぽいので、びんぼうでいいののページからドライバをダウンロード・インストールします。

びんぼうでいいの

ドライバの置き場所がわかりにくくて探しまわってしまいましたが、びんぼうでいいののページの中にリンクが張ってあります。リンクをクリックするとZipファイルのダウンロードが始まるので、解凍してインストールします。

ドライバをインストールしてもMacにびんぼうでいいのが認識されなくて困ったので、検索して解決方法をのせてくれているブログを発見。

a href=”http://tf-web.jp/post-308/” target=”_blank”>Arduino UNO互換機 びんぼうでいいの@aitendo で SPI液晶 を動かす | WEBで何かつくるよ

ターミナルから以下のコマンドを打ち込み、Macを再起動します。再起動するとアラートが出ます…。

sudo nvram boot-args="kext-dev-mode=1"

びんぼうでいいのをMacにつなぎ、Arduino IDEを立ち上げてポートを探すと、tty.wchusbserial〜というポートがあります。これがびんぼうでいいのなので、これに接続してスケッチをアップロード。

無事にスケッチがアップロードできたら、びんぼうでいいの組み立て完了です。お疲れさまでした。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。