okuzawatsの日記

Android / Kotlin / GitHub Actions Enthusiast 🤖

働くをもっと楽しくするために、Chatwork株式会社にジョインしました🚀

目次

この記事は、Chatwork Advent Calendar 2022の2日目の記事です。1日目は @Guvalif による「エンジニア・バックグラウンドで、全社組織開発に挑戦しているお話 (仮)」(TODO リンクを張る)でした。


さて、2022年8月末に前職を退職した後、Chatwork株式会社にモバイルアプリケーションアーキテクトとして入社しておりました。アドベントカレンダーにて入社エントリー失礼いたします。

Chatwork株式会社へジョインしたのは2022年9月ですので、既に3ヵ月が経ちました。この3ヵ月はなかなかハードコアな日々を過ごしておりまして、Gatherのアバターが何故か髪の毛だけになってしまったり(Fig.1)、

Fig.1 髪の毛だけになっていたところ

Gatherのアバターが壁の中にめりこんで動けなくなってしまったり(Fig.2)、

Fig.2 壁にめりこんでいるところ

Gatherから嫌われていましたが、楽しくやってます。

何で転職したのか

これは詳細を省きますが、技術的に面白い仕事ができそうだと感じ、選考を受けて入社しました(選考を受けないと入社できないので)。仕事というのは、これだけ大きくなったアプリケーションのアーキテクチャなどをいい感じにすることで、間接的に大きな価値をデリバリーしていくということです。

何をやるのか

アーキテクチャなどをいい感じにすることで、価値のデリバリーを支援していきます。いろいろとやりたいこと、試したいことがあります。出し惜しみせず、出し切っていこうと思います。

まとめ

Androidアプリのアーキテクチャなどをいい感じにすることを通じて、「働くをもっと楽しく」(👀see also mission | Chatwork株式会社)をやっていきます。

短いですが、このあたりで失礼します。

次回(2022年12月5日)は、 @taishin で「CloudNative Days Tokyo 2022に登壇しました」です。

#Other

書いている人 😎

profile

茨城県つくば市在住のモバイルアプリケーションアーキテクト(Androidが得意です)。モバイルアプリのアーキテクチャ、自動テスト、CI/CDに興味があります。いわゆる「レガシーコード」のリファクタリング・リアーキテクチャが好きです。

👉 もっと詳しく

著書 ✍

Android クリーンアーキテクチャ ヒッチハイク・ガイド 🧳

Androidアプリでのクリーンアーキテクチャに入門するためのガイダンスです。クリーンアーキテクチャの概念を理解し、Androidアプリに適用する方法を解説しています。

販売サイトへ 🏃

Android ユニットテスト ヒッチハイク・ガイド 🧳

Androidアプリのユニットテストに入門するためのガイダンスです。初学者が混乱せずにAndroidアプリのユニットテストを書き始めることができる、ということを目的としています。

販売サイトへ 🏃

Android MVVMアーキテクチャ入門 🛠

Androidアプリ開発の初学者に向けた、MVVM(Model-View-ViewModel)アーキテクチャの入門書を書きました。初学者の方を確実にネクストレベルに引き上げる技術書です。NextPublishingより出版されています。

販売サイトへ 🏃

関連記事 👀

お問い合わせ✉️

Androidアプリ開発、特にレガシープロジェクトに関するご相談はこちらまで📨

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容