okuzawatsの日記

Android / Kotlin / GitHub Actions Enthusiast 🤖

[Android] Robolectricとandroidx.test

目次

Robolectricと androidx.test のどちらを使えばいいのか、理解が浅くて混乱してしまったので、情報を整理します。

わかりやすい例としてSharedPreferenceを取り上げます。SharedPreferenceへのアクセサを提供する、こんな感じのクラスを考えます。SharedPreferenceへの文字列の読み書きをしているだけのクラスです。

import android.content.SharedPreferences
import androidx.core.content.edit

private const val KEY_SOME_STRING = "KEY_SOME_STRING"

class PreferenceDataSource(
  private val preference: SharedPreferences,
) {
  var someString: String
    get() = preference.getString(KEY_SOME_STRING, "")!!
    set(value) {
      preference.edit {
        putString(KEY_SOME_STRING, value)
      }
    }
}

一昔前は、Robolectric1のRuntimeEnvironmentを使ってテストを書いてましたね。

testImplementation("org.robolectric:robolectric:4.8")
import androidx.preference.PreferenceManager  
import org.junit.Test  
import org.junit.runner.RunWith  
import org.robolectric.RobolectricTestRunner  
import org.robolectric.RuntimeEnvironment  
  
@RunWith(RobolectricTestRunner::class)  
class PreferenceDataSourceTest {  
  @Test  
  fun test() {  
    val preferenceDataSource = PreferenceDataSource(  
      PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(  
        RuntimeEnvironment.getApplication().applicationContext  
      )  
    )  
  
    preferenceDataSource.someString = "hello world!"  
    assert(preferenceDataSource.someString == "hello world!")  
  }  
}

今は androidx.test 2を使って同様のテストを書くことができます。

testImplementation("androidx.test:core-ktx:1.4.0")  
testImplementation("androidx.test.ext:junit:1.1.3")
import androidx.preference.PreferenceManager  
import androidx.test.core.app.ApplicationProvider  
import androidx.test.ext.junit.runners.AndroidJUnit4  
import org.junit.Test  
import org.junit.runner.RunWith  
  
@RunWith(AndroidJUnit4::class)  
class PreferenceDataSourceTest {  
  @Test  
  fun test() {  
    val preferenceDataSource = PreferenceDataSource(  
      PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(  
        ApplicationProvider.getApplicationContext()  
      )  
    )  
  
    preferenceDataSource.someString = "hello world!"  
    assert(preferenceDataSource.someString == "hello world!")  
  }  
}

この時に使用しているテストランナーの AndroidJUnit4 は、Robolectric環境で実行された場合に、テストランナーを RobolectricTestRunner に委譲するようです3。Robolectricを使っていても使っていなくても、 AndroidJUnit4 を使っていれば問題ないということですね。

Supports running on Robolectric. This implementation will delegate to RobolectricTestRunner if test is running in Robolectric enviroment. A custom runner can be provided by specifying the full class name in a ‘android.junit.runner’ system property.

https://developer.android.com/reference/androidx/test/ext/junit/runners/AndroidJUnit4

Robolectricの方では、Robolectric特有のAPI以外については、androidx.test のAPIを使うことを推奨しています。

Robolectric 4.0 includes initial support for androidx.test APIs. We strongly recommend adding androidx.test:core:1.0.0 as a test dependency and using those APIs whenever possible rather than using Robolectric-specific APIs.

http://robolectric.org/migrating/

特段の理由がなければ、Robolectricよりも androidx.test を優先して使っていく方針で良さそうです。

References

  1. AndroidJUnit4 | Android Developers (最終アクセス日:2022年8月3日)
  2. Migration Guide | Robolectric (最終アクセス日:2022年8月3日)

  1. http://robolectric.org/ ↩︎

  2. https://developer.android.com/jetpack/androidx/releases/test ↩︎

  3. つまり、テストランナーとして AndroidJUnit4 を指定していても、RobolectricのRuntimeEnvironmentなどが使えるということです。 ↩︎

#Android #Test

書いている人 😎

profile

茨城県つくば市在住のモバイルアプリケーションアーキテクト(Androidが得意です)。モバイルアプリのアーキテクチャ、自動テスト、CI/CDに興味があります。いわゆる「レガシーコード」のリファクタリング・リアーキテクチャが好きです。

Androidプロジェクトの開発速度低下にお悩みで、お手伝いが必要でしたら、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

👉 もっと詳しく

著書 ✍

Android MVVMアーキテクチャ入門 🛠

Androidアプリ開発の初学者に向けた、MVVM(Model-View-ViewModel)アーキテクチャの入門書を書きました。初学者の方を確実にネクストレベルに引き上げる技術書です。NextPublishingより出版されています。

販売サイトへ 🏃

Android ユニットテスト ヒッチハイク・ガイド 🧳

Androidアプリのユニットテストに入門するためのガイダンスです。初学者が混乱せずにAndroidアプリのユニットテストを書き始めることができる、ということを目的としています。

販売サイトへ 🏃

関連記事 👀

お問い合わせ 📨

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容