okuzawatsの日記

Android / Kotlin / GitHub Actions Enthusiast 🤖

Truthのカスタムサブジェクトを定義する

profile

書いている人 モバイルアプリケーションアーキテクト(Android)として働いています。モバイルアプリケーションのアーキテクチャ、自動テスト、CI/CDに興味があります。もっと詳しく

Truthのカスタムサブジェクトを新たに定義して、独自のアサーションを追加してみます。公式の解説を参考に進めました。Javaで書かれたサンプルコードをKotlinに読み替えるのに若干の苦労をしましたが、なんとかなりました。

今回は、サンプルとしてKotlinのUnit型に対するアサーションを追加します。つまり、以下のようなアサーションができるようにします。

@Test
fun test_isNotUnit() {
  val actual: Unit? = null
  assertThat(actual).isNotUnit()
}

@Test
fun test_isUnit() {
  val actual: Unit? = Unit
  assertThat(actual).isUnit()
}

余談ですが、KotlinのUnitのインスタンスをJavaで使うには、 Unit.INSTANCE と書くことを知りました。またひとつ賢くなりました。

カスタムサブジェクトの定義

com.google.common.truth.Subject (以下Subjectと呼ぶ)を継承して、カスタムサブジェクトを作ります。Subjectのコンストラクタは、引数としてFailureMetadataと検査対象となるObjectをとります。カスタムサブジェクトのコンストラクタ引数もこれに準じます。コンストラクタはprivateにしておきます(理由は後述します)。

class UnitSubject private constructor(
  metadata: FailureMetadata,
  private val actual: Unit?,
) : Subject(metadata, actual) {
  // TODO
}

次に、 assertThat をstaticな関数として定義します。 assertThat は検査対象となる値(actual)を引数にとります。この中で呼んでいる assertAbout はSubjectのFactoryを引数にとり、SubjectBuilderを返します。さらにSubjectBuilderに対して that を呼び出し、actualを渡すことでSubjectが作られます。ここでは独自に定義したUnitSubjectを返しています( assertThat を経由してUnitSubjectのインスタンスを作りたいため、コンストラクタをprivateにしています)。

class UnitSubject private constructor(
  metadata: FailureMetadata,
  private val actual: Unit?,
) : Subject(metadata, actual) {

  // TODO

  companion object {
    /**
     * start assertion of an object with type Unit?
     */
    fun assertThat(actual: Unit?): UnitSubject = assertAbout(unit()).that(actual)

    private fun unit(): Factory<UnitSubject, Unit?> = Factory(::UnitSubject)
  }
}

UnitSubjectにアサーションを実装します。今回はSubjectに生えている isEqualToisNotEqualTo を使うだけで済みました。

class UnitSubject private constructor(
  metadata: FailureMetadata,
  private val actual: Unit?,
) : Subject(metadata, actual) {

  /**
   * assert that actual is Unit.
   */
  fun isUnit() = unit().isEqualTo(Unit)

  /**
   * assert that actual is NOT Unit.
   */
  fun isNotUnit() = unit().isNotEqualTo(Unit)

  private fun unit(): Subject = check("unit()").that(actual)

  // 省略
}

カスタムサブジェクトを用いたアサーション

カスタムサブジェクトを用いてアサーションをしてみます。

package com.okuzawats.truth

import com.okuzawats.truth.UnitSubject.Companion.assertThat
import org.junit.Test

class UnitTest {
  @Test
  fun test_isNotUnit() {
    val actual: Unit? = null
    assertThat(actual).isNotUnit()
  }

  @Test
  fun test_isUnit() {
    val actual: Unit? = Unit
    assertThat(actual).isUnit()
  }
}

動きました🎉

ソースコード

Truthのバージョンは1.1.3を用いています。

package com.okuzawats.truth

import com.google.common.truth.FailureMetadata
import com.google.common.truth.Subject
import com.google.common.truth.Subject.Factory
import com.google.common.truth.Truth.assertAbout

class UnitSubject private constructor(
  metadata: FailureMetadata,
  private val actual: Unit?,
) : Subject(metadata, actual) {

  /**
   * assert that actual is Unit.
   */
  fun isUnit() = unit().isEqualTo(Unit)

  /**
   * assert that actual is NOT Unit.
   */
  fun isNotUnit() = unit().isNotEqualTo(Unit)

  private fun unit(): Subject = check("unit()").that(actual)

  companion object {
    /**
     * start assertion of an object with type Unit?
     */
    fun assertThat(actual: Unit?): UnitSubject = assertAbout(unit()).that(actual)

    private fun unit(): Factory<UnitSubject, Unit?> = Factory(::UnitSubject)
  }
}

GitHubのpublicリポジトリにもソースコードを公開します。

References

  1. Extensions to Truth (最終アクセス日:2023年3月25日)
  2. okuzawats/android-truth-samples: アサーションライブラリ Truth の使い方のサンプル (最終アクセス日:2023年3月25日)

Related