3DプリンターBS01の組立て(リミットスイッチ取付け編)

ボンサイラボ製3DプリンターBS01を組立てる記事の3個目です。今回は、リミットスイッチを取付けていきます。

3DプリンターBS01の組立て(テーブル編) | Androidアプリ開発@つくばの日記

リミットスイッチの取付け

リミットスイッチの役割ですが、プリンタのヘッドを原点復帰させる場合の基準点となるもののようですね。そのため、X軸・Y軸・Z軸用に3つのリミットスイッチを取付けます。なお、公式マニュアルによれば「BS01 は接点式でなく非接触型のオプティカルリミットスイッチを採用」しているので精度が良いそうです。

筐体の組み立て

リミットスイッチは、3つがくっついた状態になっております。これをパキパキと分けていきます。「bonsai Lab」の印字が見えますね。オリジナルで作っているのでしょうか。

筐体の組み立て

3つに分けました。割れ目にニッパーの刃を当てて力を入れて挟んだところ、綺麗に分かれてくれました。

筐体の組み立て

リミットスイッチを筐体にとりつけます。上がX軸用、下がZ軸用のリミットスイッチです。リミットスイッチと筐体の間にスペーサーをかませています。

筐体の組み立て

Y軸用のリミットスイッチです。Y軸用のリミットスイッチにかませるスペーサーはX軸・Z軸のものより薄いものですので、注意が必要です。

Z軸用モーターの取付け

リミットスイッチとは関係ないですが、作業の都合上、ここでZ軸用のモーターを取付けておきます。

筐体の組み立て

モーターは日本電産サーボ製。X軸・Y軸・Z軸ともに同じものを使っています。以前は、別のモーターを使っていたようですね。

筐体の組み立て

モーターを筐体にとりつけて、さらに電線を接続して完了です。

次回は、XYガントリーの組立てを行います。

3DプリンターBS01の組立て(XYガントリー編) | Androidアプリ開発@つくばの日記

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。