茨城県つくば市でモバイルアプリ(iPhone、Android)のプログラミングをする日記です。あとWordPress、Raspberry Pi、Arduinoなど。

モバイルプログラミング@つくば

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)のカメラモジュールをPythonで操作する

投稿日:2014年9月18日 更新日:

こんにちは、okuzawatsです。
Raspberry Pi(ラズベリーパイ)をいじるのが楽しすぎて、日々秋葉原をうろついています。

さて、Pythonを使ってRaspberry Pi(ラズベリーパイ)のカメラモジュールを操作する方法を書いていきます。
必要な作業は以下の3つです。

  1. Pythonのモジュール「PiCamera」をRaspberry Piにインストールする。
  2. Pythonのスクリプトを書く。
  3. Pythonのスクリプトをターミナルから実行する。

なお、Raspberry Piにカメラモジュールを接続する方法については以下の記事に書きました。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)にカメラモジュールを接続する

こんにちは、okuzawatsです。 Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で遊び始めましたが、すごく楽しいですね! 今回は、Raspberry Pi Model B+にカメラモジュールを接続して ...

続きを見る

PiCameraをRaspberry Piにインストール

PythonからRaspberry Piのカメラモジュールを操作するために必要となる、Pythonのモジュール「PiCamera」をRaspberry Piにインストールします。
ターミナルに以下のコマンドを打ち込みます。

sudo apt-get install python-picamera

Raspberry PiへのPythonモジュールのインストールについては、以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)にPythonのモジュールをインポートする

こんにちは、okuzawatsです。 Pythonも面白いですが、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)も面白いですね! 今日は、Raspberry PiにPythonのモジュールをインストールし ...

続きを見る

カメラモジュールを操作するためのPythonスクリプトを作成

Pythonからカメラモジュールを操作するためのサンプルプログラムを以下に示します。

6行目では、カメラモジュールを操作するためのオブジェクトcamera(名前は何でも良いです)を作っています。
8行目から10行目で、5秒間のプレビューの後、画像をcameratest.jpgという名前で保存しています。11行目と12行目は、プレビューの終了と、オブジェクトの解放を行っています。

なお、PyCameraモジュールに関するドキュメントは以下のウェブサイトにまとまっています。

picamera — Picamera 1.8 documentation

プログラムを実行する

上記のプログラムを実行します。プログラムは、camera.pyという名前で保存したものとします。

ターミナルから以下のようにコマンドします。

python camera.py

これで、5秒間のプレビューの後、撮影が行われます。

試しに、エヴァンゲリオンMark.06を撮影してみました。

Raspberry Piカメラモジュール

特に調整していないので画質はそれなりですが、Raspberry PiをPythonで操作して撮影できました。
撮影用のパラメータを調整すれば、Raspberry Piでもっと綺麗に写真を撮ることができそうです。

Raspberry Pi用カメラアクセサリ

-Raspberry Pi

Copyright© モバイルプログラミング@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.