Android開発初心者が勉強を始めて2週間でアプリを公開してみた話

投稿日:2015年1月14日 更新日:

こんにちは、okuzawatsです。
昨日、はじめて開発したAndroidアプリをGoogle Play Storeに公開しました!

いやあ、Androidアプリの開発は、楽しいですけど、なかなか大変ですね。
はじめてのアプリ開発だったので、わからないことがたくさんあってくじけそうでした。
みなさん、もっと大変なおもいをしながらアプリを開発しているのでしょうか...?

今回、せっかく苦労してAndroidアプリを開発しましたので...。
これからAndroidアプリを勉強しようと思っている方のために、はじめてのアプリ公開までに勉強した内容や、つまづいたことなどを書いておこうと思います!

わたくしも他の方が書いた記事のおかげでなんとかアプリの完成までたどり着けたので、どんどんバトンをつないで行きたいですね。

IDEはAndroid Studioがオススメ!

統合開発環境(IDE)は、「Android Studio」を使いました。

Download Android Studio and SDK Tools | Android Developers

Eclipseの方が情報量はありそうでしたが、今後はAndroid Studioの方が主流になるのではないか?
ということがあちこちに書いてあったので、おとなしくAndroid Studioを使うことにしました。

注:この後、GoogleがEclipseのサポートを打ち切りましたので、現状、Android Studio以外の選択肢は消えました。

Android StudioでAndroidアプリ開発の開発環境を構築したら、まずはHello Worldからですね!
とりあえず手元に参考書が欲しかったので、本屋で立ち読みしながら良さそうな本を探してみました。

そして選んだ一冊が、掌田津耶乃著「Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門」です。
この本のチュートリアルを写経して、簡単なアプリを作れるようになりました。

Androidアプリ開発の参考書は、どんどん新しい内容のものが出ています。
書店で実際に手にとって、自分が開発したいアプリの内容や、プログラミングスキルに合わせてちょうどいいものを選ぶのが良いと思います。

また、インターネット上にも無料のテキストが公開されていたりします。

例えば、「Tech Institute アプリ開発者養成講座」は無料で公開されているテキストです。
無料とはいえ、950ページを超えるボリュームがあり、内容もしっかりしたものになっています。
とりあえず無料の「アプリ開発者養成講座」を読みながら勉強してもいいかもしれません。

以下、「Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門」で取り扱われていない内容や、あまり詳しく書いていない内容、もう少し細かい内容について書いていきます。

暗黙的インテントで他のアプリとテキストをシェアする

アプリで生成したテキストを他のアプリと共有したかったので、Androidの「暗黙的インテント」という仕組みを使って、テキストを他のアプリに投げられるようにしてみました。

暗黙的インテントとは、Android標準で用意されている、テキストや画像など決められた形式のデータを他のアプリと共有することのできる仕組みです。
これによって、自分で全ての機能を実装しなくても、やりたいことが簡単に実現できたりします。
Androidアプリを開発するにあたって、是非とも活用したい、とても便利な仕組みです!

暗黙的インテントを使いこなすことによって、自分のやりたいことを短時間で実現できます。
テキストや画像の共有をしたいという場合、暗黙的インテントで他のアプリと連携することを考えてみましょう。

たとえ最終的には、すべて自前で実装するとしても...。

Androidアプリでデータベース(SQLite)を使う

Androidアプリの中でデータベースを使ってみました。
Androidには、データベースとしてSQLiteが組み込まれています。

「AndroidStudioではじめるAndroidプログラミング入門」でもデータベースについては説明されています。
が、書かれている内容を参考にしただけではうまく実装できませんでした。

そこで、「ドットインストール」の有料コンテンツ、「Androidデータベース入門」の内容を勉強して、データベースを使う機能を実装しました。

ドットインストール

アプリを公開した後ですが、SQLiteを含むデータベースについて理解を深めておきたかったので、参考書を探してみました。
SQLiteの参考書は、「SQLite入門 第2版」しかありませんでしたが、良い参考書で、データベースに関する理解を深めることができました。

Androidアプリを収益化する

アプリに広告をのせて収益化してみました。
売上はあまりありませんでしたが…。

広告には、Googleが提供している「AdMob」というサービスを使っています。
AdMobの広告を使うためには、Android Studioに「Google Play Services」をインストールした上で、コードを書いていきます。

注意点としては、アプリをリリースしてしばらくたたないとAdMobの広告が表示されません。

アプリを初めて AdMobに登録した場合は、広告が安定して表示されるようになるまで、ある程度の時間と広告リクエスト件数が必要になる場合があります。
一般的に、アプリを正式にリリースして幅広いユーザーから頻繁に広告リクエストが発生するようになると、広告は安定して表示されるようになります。

(出典:Google Mobile Ads SDK に関するよくある質問 - Google Mobile Ads SDK — Google Developers

AndroidアプリをPlay Storeに公開する

Androidアプリのリリースについては、以下の記事を参考にしました。

よく分かる!Android アプリのリリース手順のまとめ | アドカレ2013 : SP #20 | Developers.IO

Android Studioで APK ファイルを作成する - Android Studioでアプリ開発!

「よく分かる!Android アプリのリリース手順のまとめ」はアプリを公開する手順がまとまっていて、すごく参考になりました。

作成したアプリはAPKファイルとしてPlay Storeにアップロードします。
APKファイルの作成方法については、「Android Studioで APK ファイルを作成する」の方が新しいので、こちらを参考にしました。
参考にしたというか、ほぼ同じようにやりました。

Androidアプリのアイコンを作成

Androidアプリのアイコンについては、パワーポイントとペイントで適当に作りました。
あまり、良いアプリケーションを持っていなかったので…。
今回はやっつけ仕事みたいな感じでやってしまいましたが、今だったらクラウドワークスなどのクラウドソーシングで作ってもらう、という方法もあると思います。

例えば、「ココナラ」というクラウドソーシングサービスを使えば、アイコンの作成を500円からお願いすることができます。
実際、わたくしもSNSのアイコンなどはココナラで作ってもらっています。

ココナラを使ってSNSのアイコンを実質無料で24時間以内に描いてもらった!

こんにちは、okuzawatsです。 Twitterばかりやってしまうので、なんとかしたいです。 TwitterなどのSNSのアカウントのアイコンを長いこと変えていなかったので、アイコンを変えたいなー ...

続きを見る

アイコンは、Google Playでの公開用とか端末での表示用とか、何パターンか作る必要があります。以下の記事を参考にして作りました。

Android Studioでアプリのアイコンを設定する方法 - Android Studioでアプリ開発!

参考にした書籍

わたくしがAndroidアプリを公開するまでに参考にした書籍は以下の三冊です。
とりあえずこれだけ読んでおけば、最低限のアプリはリリースできると思います。
Androidアプリを作りたいと考えている方は、参考にしていただければと思います。

「良いAndroidアプリを作る139の鉄則」は、内容が少し高度ですが、とても勉強になります。
強制終了しないアプリの作り方や、ユーザーにストレスを感じさせないアプリの作り方、非同期処理やセキュリティなど、より高度なAndroidアプリを作るためのノウハウが惜しみなく公開されています。
Androidアプリエンジニアを目指すなら、是非とも読んでおきたい本です!

いろいろ紹介したい本がありますが、本の紹介コーナーではないのでこの辺で。

実務ほぼ未経験からAndroidアプリエンジニアになった話

この記事を書いた1年半後、実務ほぼ未経験からAndroidアプリのエンジニアになりました!

Androidアプリエンジニアになるために勉強したこと、やったことについて以下の記事にまとめました。
これからアプリエンジニアを目指したい方、こちらの記事も合わせて読んでもらえると嬉しいです。

実務ほぼ未経験からAndroidアプリエンジニアになった話

こんにちは、okuzawatsです。 Androidアプリの開発は楽しいですね! Androidアプリの開発が楽しすぎたので、プログラミングの実務がほぼ未経験の状態からAndroidアプリのエンジニア ...

続きを見る

[PR]マンツーマンレッスンでAndroidアプリのプログラミングを身につける

プログラミングを独学で身につけられる自信の無い方には、オンラインのプログラミングレッスンがオススメです!

わたくしも、エンジニアになる前にオンラインのレッスンでスキルを身につけました。
プログラミングの基本から、プログラミングの業務でも必要となるバージョン管理システムの使い方、アプリのアイデアを形にしていく方法など、プログラミングだけでなく、総合的な開発力が手に入ります。

自分一人で勉強するよりも確実に高いスキルが得られますし、モチベーションも保ててとても良いです。

本格的なプログラマーを目指す方、まずは体験レッスンから受けてみましょう!

あわせて読みたい

実務ほぼ未経験からAndroidアプリエンジニアになった話

こんにちは、okuzawatsです。 Androidアプリの開発は楽しいですね! Androidアプリの開発が楽しすぎたので、プログラミングの実務がほぼ未経験の状態からAndroidアプリのエンジニア ...

続きを見る

個人開発のアプリを完成させる3つのコツ

こんにちは、okuzawatsです。 昼間は仕事で、夜は個人で、スマホアプリを作っています。 以前、ツイッターで「個人で作っているアプリを完成させるコツ」みたいなツイートをしたところ、意外なほどリツイ ...

続きを見る

茨城県つくば市在住のAndroidアプリエンジニアです。

-Android

Copyright© Androidアプリ開発@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.