「入門git」を読んだ感想

Gitを使い始めた頃に買ったまま入門書の割に難しいぞと思って読みかけで放置していた「入門git」を改めて読んでみたら、いろいろな知見が得られて良かったです。

本書のタイトルには入門と書いてありますが、入門書というよりは、Gitに入門して少し経った人が、Gitに関する知識を深めるために読むための本であると感じました。

Gitを始めようと思って本書を手に取ると挫折すると思いますが、なんとなくGitを使い始めてわからないコマンドを検索しながら使っているわたくしのようなユーザーであれば、目から鱗が落ちまくる一冊になっています。

本書「git入門」では、Gitのインストール方法から始まってGitサーバーの話とかSubversionからGitへの移行の話とかが書かれているんですが、わたくし的に参考になったのは第2部「日々のGit」ですね。

「日々のGit」では、コミット、マージ、ブランチ、ログ、リモートブランチ、タグ、リリースブランチ、サブモジュールの解説がされています。サブモジュールなどというものは、恥ずかしながら今まで使ったことがありませんでした。

例えばコミットひとつ取っても、始めに”git add -i”で対話モードに入り、ハンクの話をし始めるところは並のGit入門書とは一線を画すところです。Gitを始めた頃に本書を読んだ時はここで既について行けなくなりましたが、今なら「へー、対話モードって便利だなー」という感想になります。

コミットについてはさらに、空のディレクトリを追跡する方法、Gitのコミットメッセージを書く時に立ち上がるエディタの設定の話が続くなど、これからGitに入門しようとしている人はあまり知る必要なさそうだけど既にGitをなんとなく使っている人には役に立つ情報が盛りだくさんに書かれています。

Gitのコミットのコマンドについても、”git add”してからコミットする方法だけでなく、”git commit -m “commit message” -a”でコミットする方法や”git commit -m “commit message” file-name”を使う方法など、逐一詳しい解説がなされていて、これからGitに入門しようとしている人はいたずらに混乱させられるけど既にGitを使っている人にとってはありがたい情報が書いてあって良い感じです。

その他にも、Gitはファイルではなくコンテンツを追跡していることであるとか、ブランチは最新のコミットを記録しているだけであるとか、Gitを始めて使う時には知らなくてもいいけど知っておくと理解が深まるような情報がそこここに書かれていて、目から鱗が落ちまくります。

また、Gitのコマンドのチートシートを手元に置いておきたいと思うことがあるんですが、本書の付録としてGitのコマンドのリファレンスが付いているので座右に置いておきたい感じです。過去のコミットの内容を書き換えたりとか、普段はやらないけど必要な時は必要になる作業を行う時もリファレンスとして役に立ちそうです。

入門git、決して入門書ではないと思いますが、Gitを使いこなしていきたい!という意気込みを持っている方ならきっと読んで損はないと思います!わたくしは読んで良かった!と思っています。

もっとGitを使いこなしたい!という気持ちになる一冊でした。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。