お絵描きロボット「mDrawBot」を日本で発売するためのクラウドファンディング開始

お絵描きロボット「mDrawBot」を日本で発売するためのクラウドファンディングプロジェクトが行われています。mDrawBotは、2015年4月にKickstarter上で資金調達キャンペーンを行って話題になりました。

絵を描くロボット「mDrawBot」、Kickstarterで資金調達キャンペーンを実施 | Androidアプリ開発@つくばの日記

Makeblockのお絵描きロボット「mDrawBot」が日本に上陸! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

mDrawBotとは

mDrawBotは、4種類の描画モードを切り替えることができるロボットキットです。切り替えが可能な描画モードは、以下の4つです。

  • mScara(人間の腕のようなロボットが描くモード)
  • mSpider(三角形のロボットが動きながら描くモード、垂直な壁に絵が描ける)
  • mEggBot(卵や卓球の球など印刷が難しいものに絵を描くモード)
  • mCar(自動車のようなロボットが走行しながら描くモード)

mDrawBot(えむどろーぼっと)は、Makeblockプラットフォーム* に基づいた、組み合わせ工作のお絵描きロボットキットです。このキットでmScara、mCar、mSpider、mEggBotの4種類の描画ツールを組み立てることができます。このキット専用に設計されたハードウェアに加えて、mDraw(えむどろー)というフリーソフトウェアも提供いたします。

(出典:Makeblockのお絵描きロボット「mDrawBot」が日本に上陸! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

mDrawBotが動いている様子は、以下の動画で確認できます。

クラウドファンディングの内容

今回のクラウドファンディングは、電子パーツや電子工作キットの販売大手・スイッチサイエンスが市場調査を目的として行っています。mDrawBot自体は、Kickstarter上でのクラウドファンディングに成功しておりますし、製品としても問題はありません。

支援金額に応じて、以下のリターンがもらえます。リターンがもらえるのは目標金額を達成した場合のみで、目標が金額が集まらなかった場合には支援したお金は返ってきます(引き落としが行われません)。

  • 16,556円コース:mDrawBotキット(制御用のマイコンボードが付属しない)
  • 17,667円コース:mDrawBotキット(100個限定)
  • 19,889円コース:mDrawBotキット
  • 22,112円コース:mDrawBotキット(Bluetoothモジュール付き)
  • 111,000円コース:mDrawBotディストリビューターパック(mDrawBot 7個)

Makuakeでの資金調達キャンペーンは、2015年8月末までです。現在のところ、目標金額の925,926円に対して500,000円以上が集まっています。目標金額を達成した場合のみリターンがもらえます。mDrawBotプロジェクトを支援したい方は、以下のウェブサイトからどうぞ〜。

Makeblockのお絵描きロボット「mDrawBot」が日本に上陸! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。