[Android] OSSライブラリのライセンス表記を簡単に実装する

Androidアプリ開発においてOSSのライブラリが利用できるのは非常に便利ですが、そのライセンスを表記する方法は割と悩ましい問題だと思います。その問題、GoogleのOSS Licensesというライブラリで解決できます。

まずはプロジェクトのbuild.gradleに以下を追加します。

buildscript {
    dependencies {
        classpath 'com.google.android.gms:oss-licenses-plugin:0.9.4'
    }
}

次にapp/build.gradleに以下を追加します。

apply plugin: 'com.google.android.gms.oss-licenses-plugin'

dependencies {
    // OSS Licenses
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-oss-licenses:16.0.2'
}

あとはOss Licensesで用意されているActivityを呼び出せば、よしなにライセンス表記をしてくれます。

val intent = Intent(this, OssLicensesMenuActivity::class.java)
startActivity(intent)