「RubyでつくるRuby ゼロから学びなおすプログラミング言語入門」を読みました

「RubyでつくるRuby ゼロから学びなおすプログラミング言語入門」を読みました。Rubyでインタプリタを書く本です。

本書ではRubyの文法を知らない読者を想定して、Hello WorldレベルのところからRubyでインタプリタを書いていきます。インタプリタを書くと言っても、構文解析の部分は筆者作のライブラリを使い、構文解析された状態からインタプリタを作っていく感じです。構文解析については、例えば「Go言語でつくるインタプリタ」などに書いてあるので興味があれば類書をあたるのが良さそうです。

ボリュームはさほどなく、サンプルコードを打ち込みながら半日もあれば読み終えることのできる分量なので、挫折することなくサッと一冊読み終えられました。自分はRubyの勉強のつもりで読んでいたので、Rubyに慣れることができて良かったです。今までRubyの文法が取っ付きにくいなと感じていたのですが、だんだんRubyを書くのが楽しくなってきました。構文解析のところもRubyで書いてみたいです。

筆者

茨城県つくば市在住のソフトウェアエンジニアです。得意領域はAndroidとFlutterです。「Jetpack ComposeによるAndroid MVVMアーキテクチャ入門」の著者です。

👉もっと詳しく