茨城県つくば市在住のスマホアプリエンジニアです。Android、Raspberry Pi、Arduino、WordPress、Pythonなどについて書いてます。

Androidアプリ開発@つくばの日記

プログラミング プロ生ちゃん

PICO-8でプロ生ちゃんを動かす

投稿日:2016年12月5日 更新日:

この記事は「プロ生ちゃん Advent Calendar 2016 - Qiita」5日目の記事です。

突然ですが「PICO-8」をご存知でしょうか。

ご存知ない方のために説明しますと、PICO-8は8ドット単位のスプライトを描いて動かしたり、チップサウンドを作って再生したりできる、レトロなゲームの開発環境です。Windows、Mac、Linuxで動きます。Raspberry Piでも動きます!開発に使う言語はLua(風の何か)です。

PICO-8 is a fantasy console for making, sharing and playing tiny games and other computer programs. When you turn it on, the machine greets you with a shell for typing in Lua commands and provides simple built-in tools for creating your own cartridges.

出典:PICO-8: FANTASY CONSOLE

シンプルなツールですが、コンソールやエディタ、ペイントツールに作曲ツールが付いていて、PICO-8ひとつあればゲームが開発できるようになっています。PICO-8の本体はウェブサイトから14.99ドルで買えます。あと、ウェブサイトに行くと有志の作ったゲームが遊べて面白いので良いです。レトロゲームが好きな方は遊んでみてください。

PICO-8、わたくしは「Pixel Art Park 3」に行った時に知ってその場で買いました。

ドット絵の祭典「Pixel Art Park 3」に行ってきたよ〜!

ということで、今回はPICO-8上でプロ生ちゃんを動かしていきます。

PICO-8を使ってプロ生ちゃんを動かす

PICO-8をダウンロードしたら、解凍すればすぐに使い始めることができます(Mac版についてはそうでした)。環境構築の必要はありません。手軽で良いですね。早速やっていきましょう。

まずはPICO-8のドローツールを使ってプロ生ちゃんを描いていきます。

PICO-8では、8ドットを1単位としてスプライトを描きます。8ドット*8ドットのスプライトしか使えないと辛すぎるんですが、この8ドット*8ドットの絵を複数並べてひとつのスプライトとして使えるので大丈夫です。また、使える色は16色のみで、スプライトも128個( 8*8ドットのスプライトが128個)までしか保存できません。

プロ生ちゃんのドット絵は公式サイトから配布されていますが、大きさは32ドット*64ドット(だったかな)あり、そのままでは使えないので適当に打ち直します。打ち直したドット絵がこちらになります。

pico-8

プログラムを書いてドット絵を動かします。有志の方がマニュアルを日本語化してくれているので、これを見ながらやります。PICO-8のAPIを使って、スプライトの表示や背景の変更、図形の描画などが簡単にできるようになっています。

pico8-jp/pico8-jp.txt at master · kitao/pico8-jp

こういういい感じのエディタがPICO-8内に用意されているので、この中にプログラムを書きます。プログラムも8192行まで?に制限されているようです。

pico-8

つかみだけ説明すると、_init()、_update()、_draw()という特別な関数が3個用意されており、_init()関数内で初期化、_update()内で数値の更新、_draw()内で画面の更新の処理を書きます。

こんな感じでプログラムを書いていきます。各関数の中身は省略。

function _init()
		cls()
end

function _update()
		t+=1
		map_data = initial_map_data
		block_update()
		pronama_jump()
		pronama_update()
end

function _draw()
		map_draw()
		block_draw()		
		cuctus_draw()
		pronama_draw()
end

コードを書いたらPICO-8のコンソールから実行します。

pico-8

PICO-8上で動いているプロ生ちゃんが以下の動画になります。

本当は当たり判定とか実装してもっとゲームっぽくしたかったんですけど、やりだすとキリがなくなりそうだったのでこの辺で。

ここまで読んでPICO-8が気になってきた方はPICO-8のウェブサイトへどうぞ。

PICO-8: FANTASY CONSOLE

追記:プロ生ちゃんのゲームをリリースしました

PICO-8で開発していた、上記のプロ生ちゃんゲームですが、Android版アプリとしてリリースしました。詳しくはこちらの記事に書きましたが、PICO-8ではなくUnityで開発しています。

Unityで開発したアクションゲーム「爆走!プロ生ちゃん」を公開しました

なかなか面白いゲームになっているのではないかと思いますので、Androidユーザーの方、インストールしていただけると嬉しいです!よろしくお願いします。

爆走!プロ生ちゃん - Google Play の Android アプリ

-プログラミング, プロ生ちゃん

Copyright© Androidアプリ開発@つくばの日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.