Android StudioのプロジェクトをGitHubに公開してみよう!AndroiderのためのGitHub超入門

投稿日:2017年11月4日 更新日:

Android Studioで作成したプロジェクトをGitHubに公開してみましょう!

Androidアプリ開発初心者のうちは、どうしても動かないプログラムを人に見てもらいたい、という時があると思います。私はありました。そのような時、GitHubにソースコードを公開すると捗ります!

本記事では、Android Studioで作成したプロジェクトを最速でGitHubに公開する方法を解説していきます。GitHubにソースコードを公開する方法を覚えて、Androidアプリ開発入門を加速していきましょう!

なお、Android Studioで作成したプロジェクトをGitHubに公開する方法はいくつかあるんですが、自分的に一番楽だと思っている方法をご紹介します。もし興味があれば他の方法も調べてみてください。

GitHubの用語を解説してみる

GitHubにソースコードを公開する方法を説明する前に、用語の解説をしていきましょう。ここで解説する用語は、Git、GitHub、リポジトリの3つです。最低限、これだけ理解すれば、Android StudioのプロジェクトをGitHubに公開できるようになります。

Gitとは

Gitとは、バージョン管理システムです。ソースコードのバージョンを管理してくれます。入門段階ではあまりありがたみを感じないかもしれませんが、使いこなすとかなり頼りになるやつです。

Gitは、Androidアプリ開発(だけでなくシステム開発全般)を仕事にするなら、避けては通れません。そのうちGit入門的な記事も書くので待っててね。

GitHubとは

GitHubは、Gitの内容をホスティングしてくれるサービスです。個人で開発しているとローカルのバックアップ的な使い方になってしまいがちですが、チームで開発すると力を発揮します。有料版はソースコードを非公開にすることができますが、無料版では全てのソースコードが公開されます。

リポジトリとは

Gitでバージョン管理している内容のことを指します。ローカルで管理している内容をローカルリポジトリ、GitHubなどで管理している内容をリモートリポジトリと呼んだりします。とりあえずはGitで管理している内容のことなんだなと思っていただければOKです。

GitHubにリポジトリを作成する

まずはGitHubにアカウントを登録しておきます。既にアカウントを持っていたらログインします。ここまではOKですね?

GitHubにログインしたら、右上の「+」をクリックして、「New repository」から新規リポジトリを作成します。

GitHub

こんな感じの画面に切り替わりますが、これが新規リポジトリの作成画面です。Repository Nameに適当な名前、Descriptionに適当な説明を入力します。Create repositoryをクリックするとリポジトリが作成されます。簡単ですね!

GitHub

リポジトリの作成が終わると、こんな感じの画面が表示されます。画面内にリポジトリのURLが表示されるので、これをコピーしておきます。後で使います。「〜.git」となっているURLです。ブラウザのURL欄に表示されているものとは異なるので、注意しましょう。

GitHub

Android StudioのプロジェクトをGitHubに公開する

さて、いよいよAndroid StudioのプロジェクトをGitHubに公開する時が来ました。頑張ってやっていきましょう。最もお手軽かつ汎用的な方法で行きます。まずはAndroid Studioの画面左下にある「Terminal」をクリックします。

Android Studio

すると、こんな感じのコンソールが表示されます。ここにコマンドを打ち込んでGitHubにソースコードを公開してみます。コマンドを打ち込むというとハードルが高く感じるかもしれませんが、全然難しくないですよ!ハッカーみたいでかっこいいですよ!

Android Studio

まずはローカルにリポジトリを作成します。次の順番でコマンドを打ち込みます。1行分入力したらエンターを押して入力を完了し、次の行に進んでください。

git init
git add .
git commit -m "initial commit"

これだけでローカルリポジトリの作成と、「コミット」と呼ばれる作業が完了しました。簡単でしょ?Gitコマンドの詳しい内容については、別途まとめることにして、先に進んでいきましょう。次はリモートリポジトリを設定して、GitHubにソースコードを公開します!先ほどコピーしておいたGitHub上のリポジトリのURLを使います。

git remote add origin https://github.com/okuzawats/SampleProject.git
git push origin master

これだけです!GitHub上のリポジトリのWebページを確認してみましょう。こんな感じで、ソースコードの一覧が表示されていると思います。どうでしょうか。

GitHub

まとめ

Android StudioのプロジェクトをGitHub上に公開する方法についてまとめました。この記事で紹介した方法の他にも、Android Studioで用意されている機能を使ったり、Gitクライアントを使ったりする方法でもGitHubにソースコードを公開することができます。もし興味を持ったら、いろいろ調べてみてくださいね!

茨城県つくば市在住のAndroidアプリエンジニアです。

-プログラミング

Copyright© Androidアプリ開発@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.