[Python] MacでPython 3を使えるようにする

現在使用中のMacでPython 3を使えるようにした時のメモを発掘しましたので、ブログに公開しておきます。

まずはPythonのバージョンを確認します。ターミナルに$以下のコマンドを打ち込みます。

$ python --version
Python 2.7.10

MacにデフォルトでインストールされているPythonは2.7.10でした。このまま2系のPythonを使っていたのでは小学生に笑われてしまいますので、3系のPythonが使えるようにしていきましょう。

まずはHomebrewをインストールします。Homebrewはパッケージ管理システムです。プログラムの実行に必要なものをインストールしてくれたりする便利なやつです。Homebrewのインストールには、ターミナルに$以下のコマンドを打ち込みます。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewのインストールが終わったら、以下のコマンドでバージョンを確認します。Homebrewのバージョンが表示されればOKです。

$ brew -v
Homebrew 1.7.5

次にPyenvをインストールしていきます。Pyenvは、複数のバージョンのPythonを簡単に切り替えられるようにしてくれる便利なやつです。先ほどインストールしたHomebrewを使ってインストールします。

$ brew install pyenv

終わったら、以下のコマンドでPyenvがインストールされたことを確認します。

$ pyenv -v
pyenv 1.2.7

次に、以下の4つのコマンドを順番に実行して、Pyenvを使えるように設定します。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

いよいよPython 3をインストールしていきます。まずは以下のコマンドでインストール可能なPythonのバージョンを調べていきます。今回は3.7.0というバージョンが一番良さそうだったので、3.7.0をインストールします。

$ pyenv install --list

次に、以下のコマンドでPython 3.7.0をインストールします。

$ pyenv install 3.7.0

最後に、以下のコマンドでデフォルトで使用されるPythonのバージョンを切り替えます。

$ pyenv global 3.7.0

もう一度、Pythonのバージョンを調べてみましょう。3.7.0になっていれば成功です。おつかれさまでした。

$ python --version
Python 3.7.0

参考文献