レトロフリークを買ったよ〜!ファミコンなど14種のゲームハードに対応したレトロゲーム互換機

レトロフリーク

ファミコンやスーファミといった、ちょっと古めのゲームをプレイできるレトロゲーム互換機「レトロフリーク」を買いました!

レトロフリークにカセットをセットすれば、次回からはカセットを使わなくてもゲームをプレイできるようになります。セーブデータが残っていれば、そのデータも吸い出せます。

レトロフリークに対応しているのは、以下11種類のゲームハードです。

  1. ファミリーコンピュータ
  2. スーパーファミコン
  3. Super Nintendo Entertainment System
  4. ゲームボーイ
  5. ゲームボーイカラー
  6. ゲームボーイアドバンス
  7. メガドライブ
  8. GENESIS
  9. PCエンジン
  10. TurboGrafx-16
  11. PCエンジン スーパーグラフィックス

専用のコンバータを使うことで、以下の3機種にも対応します。

  1. ゲームギア
  2. セガ・マークIII
  3. SG−1000

至高のレトロゲーム互換機 レトロフリーク参戦!! 好評発売中!|至高のレトロゲーム互換機|サイバーガジェット

レトロフリークからゲームのデータを吸い出す

レトロフリーク

レトロフリークからゲームのデータを吸い出していきます。

データを保存するために、microSDカードが必要です。8GBもあれば十分すぎるほど十分です。クラスも低いものでOKだと思いますが、わたくしはクラス10のmicroSDカードを使っています。

ファミコン、スーファミ、ゲームボーイなどのソフトがそこそこ大量にあるので、これらを全部やっていきます。

レトロフリーク

古いゲームはメンテナンスしてから吸い出します。メンテナンスをしないと、レトロフリークからカセットを抜く時にカセットの端子が壊れる場合があるという噂です。

レトロフリーク

メンテナンスに使うのは、キムワイプ、無水エタノール、接点復活剤、綿棒です。

ファミコンやスーファミのカセットのメンテナンス手順は以下のとおりです。

  1. 無水エタノールをキムワイプにしみ込ませ、カセットの端子のホコリをとる。
  2. 綿棒に接点復活剤を塗って、カセットの端子に塗る。

面倒くさいですが、古いカセットが多いので頑張ってやっていきます。

カセットのメンテナンスが終わったら、microSDを差し込んだレトロフリークにカセットをセットするだけでゲームのデータを吸い出せます!

レトロフリークをプレイしてみる

レトロフリークにはゲームのキャプチャを撮影する機能があったので、試しにゲームのスクリーンショットを撮ってみました。お気に入りのシーンを撮影できるのは楽しいです!

メタルマックス(ファミコン版)

まずはファミコンのメタルマックスをプレイ。

メタルマックス

いい感じ!

メタルマックス

いきるもくてき?

そんなもの、じぶんでみつけなさいよ!

メタルマックスリターンズ(スーパーファミコン版)

スーパーファミコン版のメタルマックスリータンズをプレイ。昔のプレイデータがあるので、それが読み込みているかどうかも確認します。

メタルマックスリターンズ

昔のデータもきちんと読み込まれています!

メタルマックス2改(ゲームボーイアドバンス版)

ゲームボーイアドバンス版のメタルマックス改も読み込んでみます。

メタルマックスリターンズ2改

これもいけました!

まとめ

ファミコンやスーパーファミコンなど、わたくしが遊んでいたレトロゲームで遊べる、レトロフリークを買ってみました!当時のデータが読み込めて、一台で全てを遊べるようになって楽しいです!

購入する場合は、レトロフリークにコントローラアダプタが付いたセット版がオススメです!レトロフリークのコントローラアダプタがあると、実機のコントローラを使えるようになって便利です。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。