プログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」とは

投稿日:2015年2月5日 更新日:

こんにちは、okuzawatsです。
最近、近所の小学生の子供にScratch(スクラッチ)を使ったプログラミングを教え始めました。

プログラミング教育が盛り上がってきているようなので、今後、Scratchが注目されることもあるかと思います。
本記事では、Scratchが気になっている方に向けて、Scratchはどういうプログラミング言語で、どういった特徴があるのかについて説明していきます。

Scratch とは

Scratchは、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ(Media Lab)のライフロングキンダーガーテングループ(Lifelong Kindergarten Group)が開発しているものです。
世界中で、子供達を中心に多くの人がScratchを使ったプログラミングを楽しんでいます。
また、Scratchの環境は全て無償で提供さています。

Scratchを開発しているライフロングキンダーガーデングループの使命は、
クリエイティブな考え方のできる子供を育てること
です。
プログラミング言語「Scratch」も、その使命の一環として開発されました。

Our ultimate goal is a world full of playfully creative people who are constantly inventing new opportunities for themselves and their communities.

出典:Lifelong Kindergarten :: mission

このような使命を達成するため、Scratchではプログラミングを学習したことのない子供でも楽しくプログラミングに親しめるように、レゴのブロックを組み合わせるような感覚でプログラムを作成できるようになっています。
いわゆる、「ビジュアルプログラミング」というものですね。

「子供でも使える」プログラミング言語というとおもちゃのような印象を持ってしまうかもしれませんが、ゲーム、ワープロソフト、ペイントツールなど、何でも作ることができます。
例えば以下のWebサイトには、想像している以上のクオリティを持った作品が紹介されています。

レゴ感覚の「scratchプログラム」を極めた猛者の作品5選が異次元レベル! | シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック! APPGIGA!!(アプギガ)

Scratchはどのようなプログラミング言語か

前述したとおり、Scratchではレゴのブロックを組み合わせるような感覚でプログラムを作成することができます。
キーボードからテキストを打ち込んでプログラムを作成するのではなく、視覚的な操作でプログラムを作成する、いわゆる「ビジュアルプログラミング言語」のひとつです。

ビジュアルプログラミング言語では、画面に表示されたグラフィックを操作して、プログラムを構築していきます。
細かい規則を覚えなくてもプログラムを進められるため、プログラミングの楽しさをすぐに味わえることができます。

Scratchでは、作成したプログラムは誰でもウェブ上で公開することができます。
また、他の人が公開しているプログラムの中身を見ることもできますので、優れたプログラムを見ながら、自分でどんどんプログラミングを学習していくことができます。

さらに、Scratchには「リミックス」という機能があり、他の人が作ったプログラムを自由に改造することもできます。

ただし、プログラムを公開しないでおくこともできます。
秘密のプロジェクトの開発に使いたい人も安心してください。

Scratchを始めよう

まだScratchを始めたことのない方も、すぐにScratchを使ってプログラミングできるようになります。
以下の記事を読みながら始めれば、5分後には猫をニャーニャー鳴かせることができますよ!

Scratch(スクラッチ)でプログラミング学習をはじめる方法

こんにちは、okuzawatsです。 毎週末、近所の小学生の子供にScratch(スクラッチ)を使ったプログラミングを教えています。 本記事では、プログラミング言語「Scratch」を使ってプログラミ ...

続きを見る

Scratchを始めるために何か参考書が欲しいのであれば、MITメディアラボのレズニック教授が推薦している、「小学生からはじめるわくわくプログラミング」がお勧めです。

わたくしは、「Scratchではじめよう! プログラミング入門」を使ってScratchのプログラミングを教えています。
「Scratchではじめよう! プログラミング入門」は、一冊まるごと、Scratchを使ってシューティングゲームを作るチュートリアルになっています。
楽しみながらScratchによるプログラミングを学べてとてもいい感じです!

Scratch 1.4とScratch 2.0の違い

現在のところ、Scratchには1.4と2.0のふたつのバージョンが存在します。
バージョン2.0の方が新しく、1.4に比べて機能が増えています。
ただし、バージョン1.4の方がシンプルで学習が進めやすいという面もあります。

これらふたつのバージョンの大きな違いは、
バージョン1.4はパソコンにインストールしてローカル環境でプログラムを開発する
のに対し、
バージョン2.0はブラウザ上でプログラムを開発することができる
点です。

バージョン2.0では、インターネットにつながったパソコンさえあればすぐにScratchを動かすことができます。
インターネットにつながっていないとプログラムを作れないことがバージョン2.0の弱点でした。
しかしながら、最近になってバージョン2.0用のオフラインエディターも用意され、インターネットにつながなくてもプログラムを開発できるようになりました。
もっとも、バージョン2.0を使った開発はオンラインが中心であることは変わりません。

また、Scratch 1.4のプロジェクトはScratch 2.0でも動かすことができますが、Scratch 2.0のプロジェクトはScratch 1.4で動かすことができません。

Scratch 1.4は、下記のリンクからダウンロードできます。

Scratch - 想像、プログラム、共有

Scratch 2.0は、Scratchのウェブサイトからプロジェクトを開始できます。

Scratch - 想像、プログラム、共有

Scratch 2.0のオフラインエディターは、下記のリンクからダウンロードできます。

Scratch Offline Editor

特段の事情がなければ、バージョン2.0のScratchを使うのが良いのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、Scratch(スクラッチ)というプログラミング言語の特徴についてまとめました。

小学生の子供もプログラミングを学習する時代になりました。
レゴのようにプログラミングを学習できるScratchは、これからますます重要になっていくのではないでしょうか。
Scratchでプログラミングを身につけた子供から、将来、偉大なクリエイターが生まれそうですね!

子供向けのScratchの学習には、以下の書籍がオススメです!

茨城県つくば市在住のAndroidアプリエンジニアです。Androidアプリ開発に関して何かあれば、メールフォームからお問い合わせください。できる範囲でお答えします。

メールフォーム

-プログラミング

Copyright© Androidアプリ開発@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.