ArduinoのIDE(統合開発環境)の設定と使い方

eye-catch-00001

Arduino IDEの基本的な使い方を説明していきます。MacとArduino Unoを使って説明しますが、他の環境でも使い方は同じですので、ご自分の環境に読み替えていただければと思います。

なお、ArduinoのIDEのインストール方法については、以下の記事で説明しておりますので、あわせて読んでもらえると嬉しいです。

ArduinoのIDE(統合開発環境)をインストールする | Androidアプリ開発@つくばの日記

Arduino IDEの設定

まずはPCなどからArduinoに接続するための設定を行います。ここでやることは、以下の2つの項目です。順番に見ていきましょう。

  1. 書き込むボードの種類を選択する。
  2. Arduinoと接続するポートを選択する。

Arduinoの種類の選択

Arduinoの種類を選択

メニューからTools > Boardと進み、接続するArduinoの種類(Arduino Uno、Arduino Nano、Arduino Megaなど)。Arduinoの互換機を使う場合には、互換性のあるボードを選択します。選択すると、選択したボードの先頭にチェックマークが付きます。この例では、Arduino Unoを選択しています。

Arduinoと接続するポートの選択

Arduinoを接続するポートの選択

次に、PCなどとArduinoとを接続するポートの選択を行います。USBにArduinoを接続した際、新たに表示されるようになったポートに接続しましょう。どのポートに接続して良いのかわからなければ、Arduinoとの接続を解除した後、再度接続し直し、表示が消えたり現れたりするポートを確認しましょう。Arduinoを接続した際に新たに表示されるポートを選択します。

なお、Macの場合、同一のポートに対してttycuの2種類が表示されますが、実用上は特に違いはありませんので、気にせず好きな方に接続しましょう(歴史的な経緯で2種類の接続方法が表示されます)。

Arduinoへのスケッチの書き込み

Arduinoとの接続が完了したら、スケッチを書き込んでいきます。ここでやることは、以下の2つの項目です。

  1. プログラムの検証
  2. プログラムの書き込み

プログラムの検証

左上のボタンを押してスケッチを検証

IDEの左上に表示されているチェックマークのボタン(マウスオーバーすると「Verify」と表示されるボタンです)を押すと、スケッチの検証が行われます。この検証において、プログラムがコンパイルできるか否かの評価がなされます。

エラーが出た場合、該当箇所とエラーの内容が表示されるので、これを良く読みながら、プログラムを正しく修正していきます。最初のうちはエラーになった理由がわからないかもしれませんが、エラーメッセージを読んでいるうちになんとなく言いたいことがわかってくると思います。

プログラムの書き込み

左上2番目のボタンを押してスケッチをアップロード

スケッチがコンパイルできることを確認したら、実際にArduinoにスケッチを書き込んでいきます。IDEの左上2番目に表示されている右向きの矢印のボタン(マウスオーバーすると「Upload」と表示されるボタンです)を押すと、スケッチがArduinoにアップロードされます。無事に書き込みが行われれば、すぐにArduino側でプログラムが走り始めます。誤った回路でArduinoを破壊してしまうことのないよう、気をつけてプログラムを書き込みましょう。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。