ソラコムの「どこでもラズパイSIMカード」のついたムック本「ラズパイ超入門」を買いました

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)用のSIMカード「どこでもラズパイSIMカード」のついた日経BPのムック本「ラズパイ(Raspberry Pi)超入門」を買いました。雑誌にSIMカードがついて2,800円(税抜)です。

どこでもラズパイSIMカードを使うと、株式会社ソラコムの提供しているSORACOM Airを使ってRaspberry Piで3G/LTE通信ができるようになります。

SORACOM Airの特徴

ソラコムは、NTTドコモの3G/LTE回線を借りて低料金の通信サービスを提供するいわゆる「MVNO」と呼ばれる事業者です。主力サービスである「SORACOM Air」は、ラズパイのネット接続のように、ごく少量のデータ通信に適した料金体系を採用しています。

出典:ラズパイ(Raspberry Pi)超入門(日経BP)

スマートフォン向けのSIMのように大量のデータを送受信する用途には向いていませんが、センサーの情報を送受信するなどIoT的な用途に適したSIMです。一応、スマートフォンにも刺すことはできます。

料金は、1MBあたり0.2円からの従量課金になっています。

基本料(税別) 1日10円
従量料金(税別) 通常時間帯(午前6時〜翌午前2時)
料金区分  通信速度(上り、下り) 上り通信料金(税別、1MBあたり) 下り通信料金(税別、1MBあたり)
s1.minimum 32kbps 0.20円 0.60円
s1.slow 128kbps 0.22円 0.70円
s1.standard 512kbps 0.24円 0.80円
s1.fast 2Mbps 0.30円 1.00円
深夜時間帯(午前2時〜午前6時)
s1.minimum 32kbps 0.20円 0.20円
s1.slow 128kbps 0.20円 0.20円
s1.standard 512kbps 0.20円 0.20円
s1.fast  2Mbps 0.20円  0.20円

モデムや専用のモジュールが必要になります。

ラズパイ(Raspberry Pi)超入門

どこでもラズパイSIMカードのついた「ラズパイ超入門」の内容は、こんな感じです。

第1章:初めてのラズパイ

  • ラズパイをきちんと知っておく
  • 周辺機器の選び方
  • ラズパイ本体&周辺機器をチェック
  • Pi 2 モデルBを詳しく知る
  • 「Sense Hat」の魅力
  • 公式ディスプレイはやっぱり便利

第2章:基本操作を学ぶ

  • OSをインストールして起動するまで
  • 操作の基本は「ターミナルでコマンド入力」
  • 日本語入力ソフトを導入する

第3章:ラズビアンOSを使って見よう

  • デスクトップPCとして活用しよう
  • いろいろなフリーソフトを楽しもう
  • デスクトップ専用にチューン
  • サーバー用途10選

第4章:電子工作はカンタンだった!

  • ホントにはじめての電子工作
  • 電子工作やってはいけない
  • 入門 回路図講座
  • 電子工作 ステップ10
  • パズルのピースのように部品を組み上げ

第5章:どこでもSIMを使おう

  • 1メガ0.2円の従量課金が魅力
  • SIMの登録はカンタン!
  • USBモデム「FS01BU」を使う
  • LG製USBモデムを使って接続
  • スマホを介してラズパイを接続
  • 専用モジュール「3GPI」でSIMを使う
  • 温度や湿度をDropboxに送信する
  • 温度や湿度をTwitterに投稿するBotを作る
  • ビデオメール送信器を作る
  • IoTプロトコルMQTTを体験する

これ一冊あれば、Raspberry Piを初めてIoT的なことまでできちゃいそうですね。

ソラコムのSIM、何かに使ってみようと思います。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。