MacからRaspberry Pi(ラズベリーパイ)にSSHでリモートログインする

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)にMacからSSHでリモートログインする方法を書いていきます。Macからであれば、特に何の準備もなくRaspberry Piにリモートログインすることができます。

Raspberry PiにはデフォルトでSSHサーバがインストールされており、初期設定で有効になっています。そのため、Raspberry Pi側では特に設定を行わなくてもリモートアクセスすることが可能となっています。

リモートログインの手順は以下のとおりです。これらの手順について順番に説明していきます。

  1. Raspberry PiのIPアドレスを調べる。
  2. Macのターミナルを立ち上げる。
  3. Macのターミナルでsshコマンドを実行してRaspberry Piにログインする。

リモートでログインすることができればRaspberry Piにキーボードやマウス、ディスプレイを接続しておく必要はなくなります。ここで困るのがシャットダウンですが、この方法についても最後に記載します。

Raspberry PiのIPアドレスを確認

Raspberry PiのIPアドレスを調べるため、ターミナルに以下のコマンドを打ち込みます。

hostname -I

XXX.XXX.XXX.XXXのような形式で数値が返ってきたと思います。この値がIPアドレスなので、メモしておきます。

Macのターミナルを起動する

SSHクライアントとして、ターミナルを立ち上げます。

Launchpad > ユーティリティ > ターミナルと進み、ターミナルのアイコンをダブルクリックします。これでターミナルが起動します。

sshコマンドを実行してRaspberry Piにリモートログイン

ターミナルにsshコマンドを打ち込みます。以下のようにコマンドを打ち込みますが、piの部分はRaspberry Piで設定したユーザ名(デフォルトのユーザ名はpiになっています。なお、初期パスワードはraspberryです)、XXX.XXX.XXX.XXXの部分は先ほど取得したIPアドレスを書きます。

ssh pi@XXX.XXX.XXX.XXX

以下のような内容で始まるメッセージが出力されると思いますが、構わずyesと打ち込みます。始めて接続する際のメッセージですので、一度yesと打っておけば、次回以降、このメッセージは出なくなります。

The authenticity of host ‘XXX.XXX.XXX.XXX (XXX.XXX.XXX.XXX)’ can’t be established.

ユーザパスワードが求められますので、きちんとパスワードを入力してあげます。これで無事にSSHでリモート接続が確立されます。

Raspberry Piをリモートシャットダウンする

ターミナルから以下のようにコマンドすることにより、Raspberry Piをリモートで停止させることができます。

sudo shutdown -h now

Raspberry Piにリモートログインする方法

MacからRaspberry PiにSFTPで接続する方法、およびAndroid端末からリモートログインする方法について、以下の記事にまとめました。こちらもあわせて読んでもらえると嬉しいです!

Android端末からRaspberry Pi(ラズベリーパイ)にリモートログインする | Androidアプリ開発@つくばの日記

MacからRaspberry Pi(ラズベリーパイ)にファイルを転送する | Androidアプリ開発@つくばの日記

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。