茨城県つくば市でモバイルアプリ(iPhone、Android)のプログラミングをする日記です。あとWordPress、Raspberry Pi、Arduinoなど。

モバイルアプリ開発@つくば

はてなブログでソースコードをシンタックスハイライトする

投稿日:2014年7月6日 更新日:

こんにちは、okuzawatsです。
はてなブログで気に入っている機能はシンタックスハイライトです。

この記事では、はてなブログのシンタックスハイライト機能について書いていきます。

はてな記法モードとMarkdownモードでシンタックスハイライトが可能

はてなブログでは、以下に示す3つの編集モードがあります。このうち、見たままモードではシンタックス・ハイライトを行うことはできません(たぶん)。はてな記法モードとMarkdownモードでは可能です。

  1. 見たままモード
  2. はてな記法モード
  3. Markdownモード

はてな記法モードでシンタックスハイライト

はてな記法モードでは、プログラムを引用した部分を">|python|"と"||<"で囲むことで、シンタックス・ハイライトが可能です。他の言語を引用する場合には、「python」の部分を適切な文字に変更します。

ソースコードを色付けして記述する(シンタックス・ハイライト) - はてなダイアリーのヘルプ

例えばPythonで書いたコードをハイライトする場合には、以下のように記載します。

>|python|
# coding: UTF-8
#算術平均を算出
def calcAverage(listName):
  return sum(listName)/len(listName)
#適当なリストを作ってテスト
numList=[1,2,3,4,5]
print calcAverage(numList)
||<

Markdownモードでシンタックスハイライト

Markdownモードでは、以下のように書きます。

バッククオート3個で囲い、はじめのバッククオート3個の後ろに言語の名前を書きます。
はてな記法モードと同様に、他の言語の場合には「python」の部分を適当な文字に変更します。

'''python
# coding: UTF-8
#算術平均を算出
def calcAverage(listName):
  return sum(listName)/len(listName)
#適当なリストを作ってテスト
numList=[1,2,3,4,5]
print calcAverage(numList)
'''

ここらへんは、Markdown形式のお作法そのままですね。

QA@ITで使えるMarkdown記法 - QA@IT

まとめ

はてなブログでは、はてな記法モードとMarkdownモードでソースコードをハイライト表示することが可能です。
ソースコードを引用する場合には、シンタックス・ハイライトしてあげると非常に見やすくなります。

-雑記

Copyright© モバイルアプリ開発@つくば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.