Windowsマシンを使ってUbuntuをDVDから起動(ライブ起動)する

UbuntuのISOイメージを書き込んだDVDを使って、WindowsマシンからUbuntuをライブ起動(DVDから起動)する方法をメモしておきます。

この記事で使っているWindowsマシンは以下のものです。

  • OS:Windows 7 Professional
  • ハードウェア:Panasonic CF-S9

UbuntuのISOイメージをDVDに書き込む(焼く)方法については、以下の記事をごらんください。Windowsマシンを使って、簡単にISOイメージをDVDに焼くことができます。

Windowsマシンを使ってUbuntuのISOイメージをDVDに書き込む | Androidアプリ開発@つくばの日記

BIOSの起動順位変更

はじめに、BIOSから起動順位を変更します。通常、Windowsを起動するときはハードディスクからOSを読み込んでいます。ここでは、PCの起動時にハードディスクよりもDVDドライブを優先して読み込むように設定を変更して、DVDからUbuntuを起動できるようにしていきます。

BIOSの起動

UbuntuのISOイメージを書き込んだDVDをPCに挿入した状態で、PCを起動します。起動後、すぐに“Press F2 for Setup”というような表示が出てくるので、F2ボタン(注:PCによって異なります。今回使っているPCではF2です)を押してセットアップ画面に移動します。

BIOSの起動タブ

キーボードの矢印ボタンを使って、「起動」タブに移動します。ここで「CD/DVDドライブ」の優先度を「ハードディスク」より高く設定します。これで、起動時にハードディスクよりもDVDを先に読むようになります。

F10「保存して再起動」を選択して、DVDからUbuntuを起動します。

ライブDVDからUbuntuを起動

PCを再起動したら、DVDからUbuntuが読み込まれて起動されます。

Ubuntuを試す

うまく起動できたら、「Ubuntuを試す」と「Ubuntuをインストール」の2通りのオプションが表示されます。

「Ubuntuを試す」を選択した場合、ライブDVDからUbuntuを起動できます。今回は、この方法でUbuntuを起動します。

「Ubuntu」をインストールした場合、Windows OSをUbuntuに置き換える、またはWindons OSとUbuntuのデュアルブートをできるようになります。

Ubuntuのデスクトップ

「Ubuntuを試す」を選択するとUbuntuの読み込みが始まります。しばらくするとUbuntuのデスクトップが表示されました。これで、Windowsマシンに変更を加えることなく、Ubuntuを起動することができました。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。