Vimでシンタックスハイライトする

Vimでシンタックスハイライト

Vimmerなので、Vimのvimrcファイルを修正してシンタックスハイライトができるようにしました。

Vimでシンタックスは依頼とするには、vimrcファイルを修正して、Vimの設定をします。Vimを使ってvimrcファイルを開きます。

vim ~/.vimrc

vimrcファイルの修正

vimrcファイルに設定を書いていきます。今回は、シンタックスハイライトの他にも、いくつかプログラミングのための設定をしておきました。

syntax on
set autoindent
set expandtab
set tabstop=4
set shiftwidth=4
set cursorline
set number

各行で行っている設定内容は、以下のとおりです。

  • syntax on:シンタックスハイライトをオンにします。
  • set autoindent:改行した後の行のインデントの深さを、前の行と同じにします。
  • set expandtab:タブで挿入する文字をスペースにします。
  • set tabstop=4:タブの幅を指定します。
  • set shiftwidth=4:自動インデントの幅を指定します。
  • set cursorline:カーソルのある行にアンダーラインを引きます。
  • set number:行番号を表示します。

早速、VimでPythonのコードを表示してみます。

vimrcファイル変更前の表示結果

Vimをシンタックスハイライトする

vimrcファイル変更後の表示結果

Vimをシンタックスハイライトする

これでコードを綺麗に表示できます。

参考記事

いまさら聞けないVim(6):設定ファイルを作って自分の好みに改造 (2/3) – @IT

Vim初心者的導入メモ 2/3 「vimrc設定」編 – ナレッジエース

vimのインデントの設定を変更する – nzm_o。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。