「Webサービスのつくり方」を読んだ感想

eyecatch

Webサービスのつくり方 〜 「新しい」を生み出すための33のエッセイ〜」を再読たので、感想を書いてみます。Webサービスの開発・運用などに関して幅広い内容のコラムがまとまっていて、とても勉強になる本です。

本書は、「Web開発とその周辺」を取り扱った本です。すなわち、心構え、下準備、企画、設計、開発、運用、プロモーションについて書いてあります。Web開発というと開発そのものに目が向いてしまいますが、その周辺についても目を向けないと良いWebサービスはつくれないものですね。Web開発の周辺のことが、実体験と合わせてざっくばらんに書いてあって良い感じです。

例えば心構えについては、「ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、ハゲ」というコラムから始まって、とても実践的です。Web開発はコードを書かないと始まらないし、コードを書く人の方が偉いんだぞ、といような内容のことが書いてあります。

また開発については、「いかにして大量のXXXX画像をダウンロードするか」(伏字は筆者による)という、これも実践的なコラムが収録されております。このコラムは、Perlで書かれたソースが載っており、(今の環境で動くかわかりませんが)APIの使い方を学びながら実践的な画像収集を行うことができる優れたものとなっております。

今になって思えば、Webサービスの開発に興味を持ったのは本書がきっかけだったような気がします。それほどWebサービスとその周辺のことが魅力的に語られている本書ですので、Webサービスの開発に興味があったら一読をお勧めしたいです。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。