2016年の手帳は薄くて軽い「ほぼ日手帳WEEKS」を使うことに決めた

ここ数年感、手帳は「ほぼ日手帳」を愛用しておりましたが、来年は同じ「ほぼ日手帳」でも薄くて軽い週間タイプの「WEEKS」を使うことにしました。

週間手帳のWEEKS – 全ページ解説 – ほぼ日手帳 2016

薄くて軽い「ほぼ日WEEKS」

ほぼ日手帳、一日分のスペースが広く、たくさん書きこめるのが便利で、7年くらい愛用しておりました。今でも気に入っているんですが、会社をやめて無職みたいな生活を続けていると、正直そんなにスペースはいらないです。

ほぼ日手帳

会社勤めをしていた頃は、一日に複数のアポがあったり、記録することがたくさんあったり、ほぼ日手帳のページを毎日一杯にしていました。今は、あまり予定を詰め込むこともないですし、せいぜい上の写真のようなちょっとした記録くらいしか書くことがありません。

予定があっても、何時に何処、ということくらいを書いて、詳細はGoogleカレンダーに入れておいた方が便利ですし、何よりスッキリします。そんな感じなので、だんだん手帳自体を持ち歩かなくなってしまいましたし、無駄に重いと感じるようになりました。

ほぼ日手帳weeks

そこで「ほぼ日手帳WEEKS」です。「全240ページという枚数がありながら、厚みは約10ミリ、重さは130〜140グラム」という軽さなので、持ち歩いてもさほど邪魔にならないでしょう。記録用のスペースは少し足りない気もしますが、小さい字で書くようにすれば問題ないと思います。

ナカバヤシのロジカルスケジュールダイアリー

2015年は、「ほぼ日手帳」の他にナカバヤシの「ロジカルスケジュールダイアリー」も愛用していました。

ロジカルスケジュールダイアリーについては、スケジュール管理よりもタスク管理に使っていました。「1日に進めるタスクは本当に重要な2つ、多くても3つまで」というわたくしの方針にピッタリとマッチし、本当に上手くタスクを管理できたからです。

ナカバヤシロジカルスケジュールダイアリー

タスク管理については、Remember The Milkの有料版も使っています。

Remember The Milk: オンラインでTodoやタスクを管理しよう

Remember The MilkはGTD的な使い方をしているんですが、ロジカルスケジュールダイアリーと機能が重複しています。ツールが多くてスッキリしないので、来年はRemember The Milkで全てのタスクを管理して、重要なタスクの記録を「ほぼ日手帳WEEKS」にしていこうと思っています。

モレスキンのPocket

もうひとつ、モレスキンのPocketも愛用しています。

モレスキンについては、読書ノート、アイデアのメモ、種々の記録に使っています。例えば、こんな感じでアイデアをメモしています。メモしたアイデアは、後でGoogle Keepにまとめて、寝かしておいたり、他のアイデアと結びつけたりしています。

モレスキン

モレスキンについては来年も使っていきたいと思っていますが、手帳に書ける量が限られる分、より時系列を意識した記録をするよう、使い方を工夫したいところです。

こんな感じで、来年は「ほぼ日手帳WEEKS」を中心に、スッキリとした運用をしていきたいと思います。身の回りをスッキリさせれば頭の中もスッキリして、タスクも捗るというものですね。

Googleカレンダー、Remember The Milk、Google Keepといったデジタルツールを取り入れながら、ほぼ日手帳WEEKS、モレスキンなどのアナログツールの良いところも上手く活用していきたいですね。

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。