WordPressが使える格安レンタルサーバー比較。オススメはこの5個!

とにかく安く、WordPressを使えるレンタルサーバーを借りたい!という時があります。

安いレンタルサーバーだと、表示速度がイマイチだったり、アクセスが集中するとエラーになったり、安いなりの性能なんですが、「なんでもいいからWordPressが使えればいい」という時には便利です。

この記事では、WordPressが使えるレンタルサーバーについて、主に価格の面からまとめ・比較してみました。この記事で選んだ5個のレンタルサーバーから選べば、間違いはないと思います!

注:価格は全て税抜き表示です(たぶん)。

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ

★月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー ★
月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーは、わたくしも時々使っています。手頃な値段で、手軽に利用できて、コントロールパネルも使いやすいです。ドメイン登録サービスのムームードメインとの連携も良いので、オススメなレンタルサーバーのひとつです。

ロリポップ!レンタルサーバーでは、月額250円のライトプランからWordPressが利用できます。通常、初期費用が1,500円かかります。サーバーのディスク容量は50GB、転送量の目安は1日あたり60GB(1.8TB/月)です。

月額500円のスタンダードプランでは、「モジュール版PHP」というものが利用でき、アクセスが集中した時にも比較的軽快にWordPressが動作すると言われています。今回は、サーバーの速度もアクセス集中時の対策も考えませんので、安くWordPressを使うには月額250円のライトプランで十分ですね。

さくらインターネットのレンタルサーバー

さくらインターネットのレンタルサーバー

レンタルサーバー|さくらインターネット

わたくしの中では、サーバーといえば「さくらインターネット」です。サーバーを借りる時は、基本的にさくらインターネットが第一候補です。さくらインターネットには信頼感があります。

さくらインターネットでは、初期費用1029円、月額換算で月515円のスタンダードプランからWordPressが使えます。一年分の料金を一括で支払うと月429円になります。

さくらインターネットのレンタルサーバーのスタンダードプランでは、サーバーのディスク容量は100GB、転送量の目安は1日あたり80GB(2.4TB/月)までになっています。料金は他の格安レンタルサーバーと比べると少し高いですが、サーバーの性能はその分だけいい感じですね。

格安・大容量レンタルサーバー「ミニバード」

格安・大容量レンタルサーバー「ミニバード」

月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード

レンタルサーバーのミニバードでは、月額250円、初期費用1500円でWordPressが利用できます。ネットオウルポイントを利用すると、月額費用が最大で25%OFFになるということなので、その場合は月額188円から利用できることになります。

ネットオウルポイントは、スタードメインの利用、キャンペーン、Q&A掲示板への投稿で獲得できるようです。

ミニバードのサーバーのディスク容量は50GB、転送量の目安は150GB/月です。

とにかく安く、WordPressの動くレンタルサーバーを借りたい!という場合にはミニバードが良さそうです。

クイッカ・レンタルサーバー

クイッカ・レンタルサーバー

月額98円からの高機能レンタルサーバー「クイッカ」
月額98円からの高機能レンタルサーバー「クイッカ」

レンタルサーバーのクイッカQuicca)では、ライトプランからWordPressを利用できます。ライトプランの初期費用は926円、12か月契約で230円です。6か月契約だと322円になります。

クイッカのサーバーのディスク容量は10GB、転送量の目安は31GB/月です。他のレンタルサーバーと比べるとスペックは少し見劣りしますが、安くWordPressを使いたい!という今回の目的に照らせば、特に問題はありません。

クイッカ・レンタルサーバーを利用するメリットは、むしろ費用面にあると思います。初期費用は他の格安レンタルサーバーと比べても安いですし、12か月契約にするなら月額費用も最安のレベルです。

WordPress専用サーバー「wpXクラウド」

wpXクラウド

WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

最後に紹介する「wpXクラウド」は、少しトリッキーなサーバーです。

他のレンタルサーバーと異なり、wpXクラウドのサーバーでは「WordPress」しかできません。他のレンタルサーバーではメールアドレスを持つことができたりしますが、wpXクラウドのサーバーでは基本的にはメールアドレスも持てません。

「デメリットばかりじゃないか」と思うかもしれませんが、WordPressに特化してチューニングされている分、wpXクラウドは表示速度が速いというメリットがあります。本格的なウェブサイトを運営する場合には、この点がとても大きなメリットになります。

また、サイトの状況に応じてディスク容量や転送量をスケールアップすることが容易にできます。これも、他のレンタルサーバーにはないwpXクラウドの利点です。

wpXクラウドは、初期費用0円、月額費用500円からWordPressを利用することができます。ディスク容量は10GB、転送量の目安は300GB/月です。

wpXクラウドちょっとトリッキーなサーバーなので、全員にはオススメできませんが、検討する価値のある良いサーバーです!

WordPressが使える格安レンタルサーバーまとめ

この記事では、WordPressが使えるレンタルサーバーについてまとめました。

サーバー 初期費用 月額費用(最安) ディスク容量
ロリポップ! 1,500円 250円 50GB
さくらインターネット 1,029円 515円 80GB
ミニバード 1,500円 250円 50GB
クイッカ 926円 230円 10GB
wpXクラウド 0円 500円 10GB

ロリポップ!レンタルサーバーは使いやすい、さくらインターネットは信頼性が高い、ミニバードとクイッカはとにかく安い、wpXクラウドは速度が速く拡張性が高いといった特徴があります。目的に応じて、適切なレンタルサーバーを選ぶのが良いですね!

ちなみに、WordPressを複数作る場合は「wpXサーバー」がお勧めです!

WordPressを複数運用するなら、wpXサーバーがオススメ! | Androidアプリ開発@つくばの日記

シェアしてもらえるとうれしいです。゚(´っωc`)゚。